ミスター慶應コンテスト2012 EntryNo.5 中村文哉

2012.12.04

ミスター慶應

どうも、今更ながら最後のブログを更新しようかと思います。

 

覚えているかたいらっしゃるでしょうか?

 

ミスター慶應の候補者だったことなんて遠い昔のことに感じるくらい

日々の生活に追われる毎日を過ごしています。

 

 

一週間ほど前の11月25日

 

僕たち2012年度ミスター慶應候補者はその活動を終えました。

ミスター慶應に輝いたのは

 

エントリーNo4番 泉

 

準ミスターに輝いたのは

 

 

エントリーNo6 おのりゅー

 

二人とも凄くかっこよくて 輝いていて 賞にふさわしい人だと思います。

僕も一応GMOさんから賞をいただきまして

そのおかげで

maruya_zk-005

 

蟹が買えました。

とても幸せです。 とても とても 幸せです。

 

さて本題。

最後のブログへと

 

正直な話 僕はミスター慶應なんて一ミリも興味がありませんでした。

顔だけで判断されて 勝手に自分のことをどうこう言われ そういうのが僕はそもそもあまり好きではないのです。

 

例えるなら

 

舞台の主役になるような人 っているじゃないですか。生まれながらに。

 

学芸会とかでも あ、こいつが主役だろうな ってみんなに思われる人。

 

読んでる皆様の周りにも心当たりがある人の顔が思い浮かぶでしょうか

 

意外かと思いますが僕はそういう人間では全くありません。

どちらかといえばちょっとしたその主役の周りにいるようなありきたりな一般人AやB。それが僕です。

 

 

自信がない とかそういうのではなく なんとなく自分の居場所はそんなんだろうな なんて思いながら

それでもそこでの幸せを享受する生活を送っていました。

 

ミスター慶應候補者と言えば 各クラスの主役 が集まってそこでさらに一番を決めるようなもの。

 

そんなのにそんな僕が紛れこみ 自分自身凄く予想外で 緊張したり悩む日々が続いたりして

 

周りなんてきにしなければいい なんていう人も多いかもしれませんが そんな強い人間でもないのです。

だから あまり全面的に押し出すような活動はしたくなかったし しませんでした。

 

それでも

 

会う人や応援してくれてる人の中には ブログが凄く好きです かっこいいです なんて言ってくれる方もたくさんいて

 

正直凄くうれしかったです。

 

そして

 

この活動のおかげでたくさんの友達に出会うことができ

 

慶応の友達 他大学のミスミスター 後輩 活動を通じて仲良くなった方々

 

もしでていなかったら そういう人たちと出会えていなかった なんて思ったら

僕が今当たり前のように楽しんでいる毎日は凄くつまらないものになってしまうのです。

 

だから今は

 

ミスター慶應 でてよかったなぁ

 

シトロンの人に選んでもらえてよかったなぁ。

 

 

なんて思っています。

 

半年間色々あったけどそれでも 最後こう思えるということが とても とても 幸せなことなのだな と感じております。

普通の 平凡な ありふれた ただの大学生の僕なんかを応援してくれた 仲良くなってくれた 支えてくれた すべての人たちに

 

ありがとうございました。

 

そして最後に一番近くで支えてくれた 5人 

 

本当にありがとう。

 

君たちには本番で思いを叫んだからもういうことはありません

 

 

書き終えちゃいましたね。

 

半年間。たのしかったなぁ。あっというまだったなぁ。

候補者 シトロン 色んな人たちの思いでつくりあげられた ミスター慶應2012

 

少しでも楽しんでもらえたなら僕はうれしいです。

12551_380849565329913_1739674863_n

 

本番前。いい写真。

 

 

 

 

2012年度 ミスター慶應 エントリNo5 中村文哉

 

_DSC3384

 

 

これにて 全活動を 終了させていただきます。

 

半年間ありがとうございました。

2012.11.24

最後

丁度30回目のブログ。

 

ついに三田祭も最終日。

 

明日が本番となりました。

 

なんだか、今日はずっと胸がざわついていて。

いつもよりずっと齷齪してしまいます。

 

でることとが決まり 6人揃ったのが5月。

半年以上もの間活動していたことになります。

 

正直な話、僕は人前でなにかしたりするのがあまり得意なほうではなく 高校も男子校で

こういういわゆるイケメンコンテストなんてものでるような人間ではまったくなくて

 

だから最初はミスターコンにでている自分を辟易していたりで、あまり楽しむことが出来ませんでした。

 

 

けれど、それでも毎回色んなイベントいにいったりしていたのは

他の5人がいたから にほかならない。

 

年齢が近いこともあって すぐに打ち解け 色んなとこにいったり 話したり  馬鹿やったり

 

かけがえのない半年間を一緒に過ごすことが出来ました。

 

感謝しています。

 

 

イケメンなんて呼ばれるほど かっこよくもなければ なにか大層なことが出来るわけでもない

普通の ありふれた 平凡 な 大学生。

 

それが自分。

 

この半年間 そんな僕なのに まわりには 凄く輝いてるかっこいい人たちばかりで

 

すこしづつ影響されながら 一歩一歩前に進んできました

 

どんな道にもいつかは終わりがあるように 僕も明日終着点に たどり着きます。 

 

半年という期間は人が成長するにはあまりにも短いけれど

 

それでも 僕は出る前の自分より ずっと ずっと 成長したな なんて。

 

 

慶應義塾大学 に入ってよかった。

 

2012年度ミスター慶應5番を 務めることが出来て よかった。

 

今はそんな心境です。

 

 

かっこつけることなんて できないから 明日も きっと いつもの自分。

 

そのいつもの自分に会いにきてくれれば 僕は とっても うれしいな

 

 

最後の写真は自分らしく こんな感じ。

420432_446305592082265_810722759_n

 

 

明日 三田キャンパスで おまちしています。 みかけたらぜひ声をかけてくださいな。

 

きちんとお礼をいいたいのです。

 

それでは。

 

慶應義塾大学 商学部 

2012年度ミスター慶應コンテスト エントリーナンバー5番

 

中村 文哉

2012.11.19

想像

急に気温がぐっと下がり、木々も落ち葉を散らし始める今日。

 

もうすこし もうすこしだけまってくれないかなぁ

 

じっくりと しみじみ と季節を楽しむことができないまま。

 

四季は僕たちの予定なんて気にしないで きままに どんどんと 過ぎ去っていく

 

服装も 気分も なんとか追いつこうと齷齪するこちらの身にもなって欲しい。

追いかけるのは疲れるの

 

残り6日となりました。次のジャンプを読むのは全部が終わった後。

 

 

6人最後の姿をぜひみにきてくださいな。

 

さて話を変えます。

 

 

私たちはどんなことでも想像できる、なにもしらないことについては。

 

フェルナンド・ペソア 「ポルトガルの海」 より抜粋

 

 

人はどんなことでも 想像し 空想し 追想することが出来ます

 

ただそれは知らないことだに限っていて

 

知るということは大切なことだけれど 知ってしまうことで自由なイメージを思い描くことが出来なくなる。

そんな弊害もあると思う。

 

身近なことであれば

 

小さいころ想像していた 大学生活 や 将来 はたまた 男女の付き合いのこと と

 

今の自分が 想像する そういうものはどうしてもかけ離れたものになってしまう

現実味を帯びてきた と考えればいいことなのかもしれないけれど 

夢が無くなってしまったなぁ とも感じてしまったり。

 

 

大人になるとはそういうことなのでしょうか

わからないけど。

でも最近 過去の自分が想像していた大学生の自分よりずっといい生活をしている気がしたり

なんて

 

少なくとも

いい日々だなぁ なんて思う日々が続くので よしとします。

 

僕がいま想像している何年後かの自分 何年後かの自分にはそれを超えていて欲しいな

 

ではまた。

 

 

カレンダー

2022年10月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ一覧

  • カテゴリーなし

ミスター慶應リンク

ミスター慶応候補者一覧